膝の黒ずみを除去したい。なら、このクリームがおすすめ

膝の黒ずみ除去ケアに、おすすめなクリーム

膝の黒ずみに悩む女性は大勢いますが、そのための専用クリームなどがネットなどで通販することができます。

綺麗な膝になりたい。おすすめの黒ずみケアは?


綺麗な素肌になるためのクリーム、膝や黒ずみケアのクリームは今ではネットでたくさん販売されています。

例えばピューレパールやラスター、シルキークイーンなど、多くの女性は検索して知っているかと思います。さて、そこで問題が発生しますよね。

一体どのクリームが本当に美肌になれるのでしょうか?体質に合わせてチェックしたほうがよいのでしょうか?

それぞれのクリームのメリットなどを紹介していきましょう。

具体的には、脇の黒ずみにはピューレパールというクリームがダントツで人気ですね。トライしやすい60日間の返金保証もついていますから、まずは試しに、と思って購入してみるのも良いでしょう。

実はこのクリームは脇以外にも使えるので、乳首やビキニライン、膝の黒ずみまでカバーできます。

ムダ毛処理が黒ずみの原因に・・・クリームでケア

脇は特にデリケートな部分でもあり、夏場はムダ毛ケアが必須となりますから、カミソリで自己処理している女性も大勢います。

しかしデリケートだからこそカミソリ負けや黒ずみが発生してしまい、よけいに腕をあげられない状態になってしまうことも多々あるのです。

そんな黒ずみを解決してくれるのがピューレパールという黒ずみケアのクリームです。脇だけでなく膝もケアしてくれるのでバランスの良い美肌を手に入れることができます。

トリプルヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンや天然ビタミンEでたっぷり潤いを補充し、美白成分をたっぷり配合しているピューレパールは脇や膝の救世主と言えます。

プラセンタやビタミンCはまずは欠かせない存在でしょう。さらにグリチルリチン酸やコメぬかエキスなど、みずみずしさを取り戻すための成分も贅沢配合してあります。

今年の夏はピューレパールで思い切りノースリーブを楽しみませんか?

膝をキレイに実感クリーム!

ラスターという美白クリームは1日朝と晩に使うだけでエモリエント効果が強まりしっとりした素足を実現できます。

膝や膝下、すねや角質などが黒ずんでいてちょっと自信がない、そんな人にはラスターがオススメです。夜にはお風呂上りにしっとりと塗り、マッサージも同時に行うとよりすべすべ美白効果を狙うことができるでしょう。

朝の忙しい時間帯でもピンポイントで重ね付けしましょう。夜のしっとり美白の効果をさらに倍増させピンポイントで黒ずみを撃退します。

また効果を早く実感したいという人は昼間でも黒ずみが気になる部分に重ねてつけるようにしましょう。つまり朝昼晩と重ねてつけることでより一層効果が増すというわけですね。

ラスターは5つの美白成分を凝縮してナノ化させたクリームなので、肌への浸透力がとても高いのが魅力です。人によりけりですが、早い人は1か月で実感する人も多いです。

90日で即黒ずみケア実感する人続出

また肌のターンオーバーは28日となります。ですから使い始め90日で効果がアップするのです。保湿力も高いので、冬のカサつきにも強く、足のむくみにも効果的です。

さらにラスターは全身に使うことができます。全身の黒ずみ対策にラスター1つあればケアが可能と言うことです。まさに万能のクリームですね。

口コミでも1年たって顔の肝斑が気にならなくなった、膝周りは気になるけれど、そこまで気にするほどではなくなったなど評判が良いのです。

安心の60日間保証がありますから、手軽に注文ができますし、ローズクォーツのかっさが初回限定でプレゼントされますから、お風呂上りの足のむくみケアに、フェイスケアに使うこともできます。

2回目も30%オフで3回目からも5%オフで続けることができるのでお財布にも優しく、続けやすいのも特徴です。黒ずみが気になる人はラスターを試してみましょう。

シルキークイーンは他の黒ずみクリームとどう違うの?

シルキークイーンは他の美白クリームとどこが違うのでしょうか?色々なクリームを検索して探している人は、同じような商品と比較してどう違うか知りたいものですね。

そんな中、シルキークイーンはまず保湿力が違います。しっとりした肌を手に入れることもでき、さらには黒いブツブツもケアすることができます。

レーザー治療も考えていたという人が最終的にシルキークイーンに収まったという女性も多いのです。

天然由来成分を4種類も配合しているのも魅力の1つでしょう。ビワ葉エキスで引締め効果があり、キュッとした膝下を実現します。

さらに甘草エキスでグリチルリチン酸を抽出し、炎症をケア。カワラヨモギエキスは肌のキメを整え、美白作用を存分に発揮させます。

さらにサクラ葉エキスで黒ずみ、色素沈着を抑制し、今後の黒ずみを発生させないという仕組みになっています。

ベタつきがなく遺伝子レベルでトラブル対処ができる美膝美肌クリーム

また遺伝子レベルでの毛穴トラブルに対処できているのも大きな特徴でしょう。アーティチョークエキスやセラミドⅢ、PCAという天然保湿因子により天然の保湿成分でお肌がしっとりするのをカバーします。

膝や膝下にも有効ですから、しっとり美しい膝を見ることができます。

オリーブ油やスクワレン、天然のビタミンEも配合され、肌の柔軟性や美容成分、抗酸化作用で優れた美肌効果を引き出します。

他の膝などの美白クリームと違うのはそんな美容成分がぎっしり詰まっているところでしょう。また無添加という厳選素材がたっぷりつまっているシルキークイーンは使うたびにもちもちツヤツヤのミルクローションです。

ベタ付きがないので朝や夜に使ってもベタつかずすぐに着替えることができるのでいつでも使うことができ、もっちり肌、触れたい肌へと導きます。触れるたびにしっとりした美肌を実感したい人はシルキークイーンがオススメです。

気になる膝の黒ずみの原因とは?

ミニスカートやショートパンツなど膝を出す洋服を着たときに気になるのが、膝の黒ずみ。

普段あまり意識しない部分だけにわざわざケアすることも少なく、ふと鏡で見たときにビックリすることが多いパーツかもしれませんね。

そもそも膝の皮膚というのは本来刺激に弱い、とてもデリケートなパーツなんです。というのは、膝は皮脂腺が少ないため乾燥しやすく、ダメージを受けやすいからです。

それなのに日常生活では膝をつくなどの動作をしたり体にフィットする洋服を着るなど、どうしても膝に摩擦や刺激を与えてしまいがちです。

そのようなことが習慣化していくことで、膝の皮膚が色素沈着を起こして黒ずんでしまうのです。

また、顔などと比べてどうしても膝のケアというのは後回しになりがちですね。何もケアせず放置しておくと、色素沈着はどんどん進んでしまいます。

膝の黒ずみを改善するには、普段から膝をつくような動作をしたりお風呂でゴシゴシと強く洗うなど摩擦や刺激を加えないことがまず大事です。

さらに、乾燥から膝の皮膚を守るために、普段からクリームを塗るようにすると良いでしょう。大事なのは毎日コツコツと継続していくことですよ。

膝の黒ずみ対策は潤いを与えることから

膝の黒ずみの原因は、摩擦や紫外線などによる刺激であり、その刺激によりメラニンが生成され色素の沈着を繰り返しことで黒ずみとなります。

膝には皮脂腺が少ないのです。そのため汗や皮脂がほとんど出せず潤い不足になりがち。保湿性の無い肌は刺激に弱くなります。

ストッキングやズボンなどの、摩擦を日々膝に与えることでも黒ずみの原因となります。そこで膝に潤いを与えることが、黒ずみ対策の重要なポイントになります。

膝のケアは、スキンケアと同じに考えて保湿性の高いクリームを選ぶのが大切で、ヒアルロン酸やプロテオグリカン、コラーゲンなどが配合されている商品を選ぶのが良い方法です。

保湿成分で肌に潤いを与え、古い角質を除去するピーリングも効果的です。その際にも保湿性の高いものを使用し、保護する成分も配合されているのが理想です。

膝の黒ずみ対策には、保湿やピーリングの他に美白成分でのアプローチもポイントです。

美白成分には、水溶性プラセンタエキスやL-システイン、ビタミンC誘導体などを始め様々な種類があるので、そういった美白成分が含まれている美容液を使用するのも大切です。

膝の黒ずみを防ぐために注意したい生活習慣とは?

膝の黒ずみは普段の何気ない行動が原因となっているケースが多いです。そのため黒ずみを防ぐには普段の生活習慣を見直し、改善する必要があります。

そもそも皮膚の黒ずみが起こる仕組みは、皮膚が摩擦や紫外線などのダメージを受けると、身体が皮膚を守ろうとメラニンを生成し色素沈着が起こる事で発生するのです。

皮膚へのダメージには摩擦も含まれるという話をしましたが、具体的には衣服の摩擦や膝を床についた時の摩擦が挙げられます。

スキニーパンツの様な脚を締め付けるタイプのパンツやあぐらや正座などの姿勢も極力避けた方が好ましいです。他にも膝をついての歩行や雑巾掛けも皮膚にとってはかなりのダメージなので、やめた方が良いでしょう。

日常生活を送る上で、皮膚への摩擦を無くすのは難しいかもしれませんが、工夫次第では摩擦を減らす事は可能です。今から出来る対策には次のようなものがあります。

例えば、スキニーパンツではなく、ゆとりのあるパンツやスカートを履いたり、あぐらや正座ではなく椅子に座る様にしたり脚を伸ばして座るのも良いかもしれません。

今すぐ実践出来る3つの方法

ホットパンツやミニスカートなど、ファッションによっては膝が丸見えになる事もありますよね。そんな時、膝が真っ黒だとせっかくのオシャレも台無しです。

膝の黒ずみを無くすには、美容クリニックで施術して貰う方法もありますが、中には時間もお金もないという人もいるでしょう。

そんな人のために、今回は自分で今すぐに出来る簡単で手軽な膝のケアをご紹介します。

そもそも、皮膚の黒ずみの主な原因には紫外線、乾燥、摩擦・圧迫の3つが挙げられます。黒ずみに効果的なケアをするなら、この3つの原因を対処する必要があるのです。

1.紫外線に対しては、日焼け止めを塗るのが効果的です。さらに美容成分が入っている方が良いでしょう。膝が隠れている格好をしていても、薄い素材だと紫外線を通しやすいので、忘れずに塗って下さい。

2.乾燥には、化粧水やクリームで膝を保湿してあげるのが大事です。さらに古い角質が黒く見える原因にもなるので、皮膚が固くなっている場合は角質除去をした後に保湿すると効果が倍増します。

3.摩擦や圧迫は、スキニーパンツなどの脚を締め付ける衣服をやめたり、床に膝を付けないようにする事で改善できるはずです。

紫外線は膝の黒ずみを悪化させる

膝の黒ずみの原因はいくつか挙げられますが、その中でも気をつけたいのが紫外線です。

皮膚は紫外線を浴びると黒ずみのもととなるメラニンを生成します。これにより色素沈着が起こり膝が真っ黒になってしまうのです。

紫外線対策として真っ先に挙げられるのが、日焼け止めクリームではないでしょうか?

膝を出す格好をする時、日焼け止めは必須です。塗るのと塗らないのとでは、色素沈着が起こる確率もかなり違います。

強力な日焼け止めだと洗ってもなかなか落ちない事がありますが、ここで強く擦ってしまうと黒ずみを悪化させてしまうので、なるべく優しく洗い最後に膝の保湿も忘れずに行いましょう。

日焼け止めの他にも、UVカットの日傘や膝掛けなどもオススメです。日傘は照り返しの紫外線も防いでくれるので膝の黒ずみを防ぐ事ができます。

それから、家の中にいても紫外線は入ってくるので注意して下さい。こんな時は、紫外線を遮る効果のあるカーテンや窓に貼るUVカットのフィルムがオススメですよ。

 

TOPへ戻る